ESET Smart Security V4.0の特長

1、リムーバブルメディアの制御

USBメモリなどからのウイルス感染防止として、リムーバブルメディアへのアクセスを制御(許可・拒否)することができます。

2、レスキューCD作成

CDやUSBメモリなどからPCを起動し、ウイルスの検査や駆除を行うことができます。
また、検査前に最新の定義データベースへアップデートすることも可能です。

  1. CDやUSBメモリなどから起動可能なPCと外部メディア(CDやUSBメモリなど)が必要です。
  2. 作成時には、Windows自動インストールキット(Windows AIK)をインストールする必要があります。

3、自己防御対策

ウイルス攻撃や、誤った操作などによるESET Smart Securityプログラムの変更や一部削除などを防止します。

コンピュータウイルス対策基準
コンピュータウイルス対策基準. 平成7年7月7日(通商産業省告示第429号)(制定) ... 本基準は、コンピュータウイルスに対する予防、発見、駆除、復旧等について実効性の高い対策をとりまとめたものである。 ...

ウイルス・スパイウェア対策

高性能なヒューリスティック機能を持つThreatSenseテクノロジーを搭載。

ルートキットはもちろん、マクロウイルス、ワーム、アドウェア、トロイの木馬など、あらゆるマルウェアを検出します。

ThreatSenseテクノロジー

ThreatSenseテクノロジーにて効率的に検出を行い、電子メールやインターネット上の脅威にさらされる脆弱な状態を最小限に抑えます。

新種や亜種のウイルスに対しては、遺伝子技術を応用したアドバンスドヒューリスティック機能を用い、既知のウイルスに対する防御はウイルス定義データ(シグネチャ)にて行います。

パーソナルファイアウォール

ファイアウォール機能により、外部からの不正侵入や攻撃を防御。

IPv6に対応し、コードレッドワーム、SQLスラマーワーム、RPC/DCOM攻撃、サッサーワーム、DNSポイズニング攻撃、ポートスキャン攻撃、SMBリレー攻撃、TCPオーバーロード、ICMP攻撃などを検出し、様々な脅威や攻撃からパソコンを守ります。

  1. ユーザーの使用状況に合わせて設定する「学習モード」
  2. 例外のブロック対象を設定できる「例外付き自動モード」
  3. 自動で設定する「自動モード」
  4. 許可したルール以外の通信が発生した際に表示されるダイアログに従って設定する「対話モード」
  5. 手動でルールを設定する「ポリシーベースモード」

通信において、SQLインジェクションやコードレッドも検知します。

迷惑メール対策

4つのエンジン(※)による検出とベイジアンフィルターを使った学習およびブラックリスト、ホワイトリストの設定が可能です。(POP3/IMAP対応)

(※SpamBulk Engine、SpamRepute Engine、SpamContent Engine、SpamTricks Engine)


対応メールソフト

  1. Microsoft Outlook
  2. Microsoft Outlook Express
  3. Windowsメール
  4. Windows Live Mail
  5. Mozilla Thunderbird

2010年4月現在、Thunderbird 3.0 には対応しておりません。

フィッシング対策

フィッシングサイトのリスト、シグネチャと照合・検査します。電子メールなどに埋め込まれているフィッシングサイトへのアクセスを抑止しますので、フィッシングサイトは表示されません。

メイン画面はセキュリティの状態をアイコンで表示し、視覚的にも設定、操作しやすくなりました。

最も高い状態で保護されている場合

ESET Smart Security V4.0 が最も高い保護でパソコンを守っている状態。

保護のレベルで注意が必要な場合

ESET Smart Security V4.0 が何らかの理由で、最も高い保護レベルになく、注意が必要な状態のメイン画面です。

ウイルスやスパイウェア対策での駆除機能

ウイルス・スパイウェアなどの脅威を検出した場合は、ユーザーの操作を必要とすることなく、ほとんどのウイルスを自動的に駆除または削除します。対処した時は、ポップアップでお知らせします。

※対処方法は、アプリケーションやウイルス検出時の状況によって異なる場合があります。
また、対処手順は設定によって変更も可能です。

軽快なアップデートファイル

ESET Smart Security V4.0 では、ウイルス定義データベースの最適化を図りました。

ウイルス定義データベースを更新する定義ファイルなどのサイズが非常に小さいことが、従来のESET Smart Securityの特長でしたが、ウイルス定義データベースの最適化により、アップデートファイルのサイズも、よりコンパクトになっています。

※初回導入直後の更新は、導入時点での最新データベースに更新するため、パッキングされた定義ファイルのダウンロードが行われます。

レスキューCD作成

CDやUSBメモリなどからPCを起動し、ウイルスの検査や駆除を行うことができます。
また、検査前に最新のデータベースへアップデートすることも可能です。

※CDやUSBメモリなどから起動可能なPCと外部メディア(CDやUSBメモリなど)が必要です。
※作成時には、Windows自動インストールキット(Windows AIK)をインストールする必要があります。

リムーバブルメディアの制御

USBメモリなどからのウイルス感染防止として、リムーバブルメディアへのアクセスを制御(許可・拒否)することができます。

自己防御対策

ウイルス攻撃や誤った操作などによるESET Smart Securityプログラムの変更や一部削除などを防止します。

パソコンのセキュリティ状態をわかりやすいアイコンで表示

安全な状態
一部の機能が無効になっているか、ウイルス定義データベースが最新ではない状態です。
要注意の状態
ウイルス・スパイウェア対策やファイアウォールの設定が無効になっている危険な状態です。
危険な状態

30日間無料でお試しいただけます!
体験版のダウンロードは下記のボタンから

国内最安価格!4,200円(税込み)

1年間の使用料がたったの4,200円!(税込み)
3本セットの場合は、さらにお安く!
(※初年度12月の価格です。次年度からは割引もあります)

スピード発行

最短5分でライセンスが発行されます。

様々な決済システム

多くの決済システムをご用意しておりますので、すぐにご購入いただけます。

ダウンロードボタン